BLOG

桃の節句。こどもの頃にワクワクした、特別な日の器のはなし。

ひんやりとした朝の景色に、ちらちらと梅の花が見られるようになってきました。芳しい香りが風にのって運ばれきてお花もお鼻もムズムズ。今年のひな祭り、こどもよう漆器とともにお迎えしてみませんか。

越前漆器 こどもよう漆器/こわん
https://korpokkur.shop/items/5f4d9eb57df28158c53d248c
越前漆器 こどもよう漆器/こぼーる
https://korpokkur.shop/items/5f4da016d3f1677517ce11eb

ここ数年の傾向でしょうか。お正月を過ぎると、すぐに雛人形のチラシ広告をみかけるようになりました。

気のせいか年々広告に出逢うタイミングが早くなっている気がするの。季節を感じながら暮らしたい私としては、短い人生が巻き巻きの早回しになる気がして寂しく感じております。まだまだYO!

いつ雛人形を飾る日か、には諸説あるのですが、季節の変わり目である立春2月3日を目安にお飾りされる方が多いようですね。

いやいやまだ出せてもいないし。まず片づけしなきゃでしょ状態のわが家は、あれ?いつ飾るんだっけ?と立春をすぎてからググってるおとぼけです。

晴れが大好きな私的には、暦もいいけどせっかくのお祝いことだしピーカン‼とした日にお飾りしたいな~ということでまだ寝ていただいております。

よ~し明日片づけよう。と毎日思い立っているのですよ、毎日。
もうっ1日って早い~!(大丈夫アタシもよ、安心して!と思ってくれた方、ありがとう!)

そんな貴方に朗報です!
雨水の日、今年は2月18日以降に雛人形を飾ると良いとのこと!

まさに今です~☆
当日限りということもないそうなので、今からでもいそいそ始めましょう!

雨水の日とは、その名の通り雪が雨に変わり、固く閉じていた大地が緩んで草が芽吹きはじめ、少しずつ春の気配を感じる季節という意味です。明るい未来の予感しかない感じですね!

(※上の写真は数年前のお雛様メニュー。いつも写真撮る前にデコ部分を食べられてます。)

器好きの漆器好きを自称している私としては、記念日やお祝いには特別な器の存在が欠かせません。

いつもは冷蔵庫の掃除のような夕飯であっても、この時ばかりは「目を喜ばせる、目で食べる」ことにこだわりたくなるんです!

ちらし寿司が映える漆器、春野菜が映える桜が描かれた陶器、稲荷寿司が映える高台皿、、、、などなど。

必須なのは、私がこどもの頃に母と兄弟と作ったお雛様をイメージした創作オムライス。

チキンライスを立体的に立てて、薄焼きの卵焼きを着物代わりに着せてあげます。縦にピーラーしたキュウリを帯に見立てて、オムライスの頂点にうずら卵を乗っけると、お雛様に見えてくる!同じものを二つ並べるとお内裏様もそろって完成間近です。3人官女以降はごめんなさい!

そのあと海苔を髪の毛に模して卵に張り付けるのですが、それが絶妙にダサかったり、わざと落武者みたいに作って大笑いしたものです。

親になった今このメニューを継承しているのですが、季節の行事を通じて満たされた記憶を持って大人になってほしいな~、なんてけっこう崇高な想いを持っています。キラリ!

こども漆器といえば、土直漆器さんの こわん/こぼーる、ですよ。

漆器は割れにくいからこそ、離乳食からはじまりこれまでず~っと使い続けてこられたのだと確信しています。

特に、こわんは重心を低くして倒れにくいようにデザインされているので、こどもにぴったりの漆器ですよ。これからプラスティック製のこども食器を買う予定の方は、ぜひぜひ漆器を選んでいただきたいです。

わが家のこわんは、以前一度塗りなおしていただいたもののトータル7年目に突入していて満身創痍な状態です。もう一度塗り直すか、食べる量が増えてきたのでサイズアップするか、のタイミングです。

母的には、くるま柄の鮮やかな「あさぎ色」がとっても好きなので、いっそ大人用を売り出していただきたいです~恐竜柄とかどうでしょう??福井の恐竜推しは、いまや全国区ですからね!

Korpokkur店主としても、新商品としてご紹介できる日を楽しみに(お待ち)しております☆

こどもの記憶に残るもの。
美味しかった、楽しかった、お雛祭りのごはん。
そして、写真に写った特別な日の器たち。だといいな!

おまけ♪
わが家のお雛さまとお内裏さま、よーく見ると歯がありました。
下まつ毛とか、すごく長いの。。あなたのお雛さまはどうですか?

因みに京都雛は左がお雛さま、関東雛は右がお雛さまですのでご注意くださいね~。

(Korpokkur店主/きよ)